兵庫県宝塚市の一戸建て・木造住宅・注文住宅・ECO(エコ)住宅の新築・リフォーム・耐震診断・CM分離発注方式が得意な設計事務所です

【バランスの良い形状の建物は構造的に安定し、お財布にも優しい?】
 

図の左側と右側の建物を比べた時、どちらの建物が構造的に有利な平面形状なのかお分かりでしょうか?

左側の建物はL型の形状をしている為、地震などの外力が加わった時、折れ曲がっている部分に負担がかかり損傷する可能性が御座います。
また、均等に耐力壁(揺れに耐える壁)を配置する事が出来ない為、バランスの悪い建物となります。よって、右側の建物の方が構造的に安定した建物となります。
 
 
 
 
 
また、平面形状だけでは無く、立て方向での形状(1階と2階の重なり方)も重要となります。

左側の図は1階平面と2階平面の形が異なる為、上下同じ位置に柱や耐力壁を設けにくくなってしまいます。2階の柱の真下に1階の柱を設けた方が、感覚的に力の流れがスムーズな感じがしますよね。
 
 
工藤住環境設計室が建物を設計する時、これらの要素を考慮しながら施主さまの要望を最大限に盛り込み、出来るだけシンプルな形状になる建物を意識しております。
 
 
同じ面積にて凸凹したプランとシンプルなプランを比較した場合、構造的な安定だけでは無く、温熱環境性能やコストの面でもシンプルなプランの方が優れています。これは、外壁面積や屋根面積が凸凹したプランの方が多くなってしまうからです。


【木造住宅は構造計算をしなくていいの?】
 

  【構造計算を行い、部材の力を可視化してチェックしています】

建物において構造計算とは、耐震性能を把握する上で非常に重要な計算です。では、木造住宅において構造計算が必要なのかを解説致します。

建築基準法において木造の住宅の場合、2階建てまでの建物は構造計算を行う必要は御座いません。(3階建ての場合は必要になります)。
一般的に木造2階建てまでの建物の場合、簡易的な構造検討のみを行う事がほとんどです。
この、簡易的な構造検討とは耐力壁(地震や強風時に耐える為の壁)の量と配置バランスを検討し、柱の引き抜き力に対して金物を検討すればよい事となっております。
この方法の場合、ある程度の耐震性能を確保する事が可能ですが、柱や梁などの構造上主要な部分の耐力の検討が全く行われていないのです。
具体的には地震が起きた時、柱や梁が折れ曲がらないのかが計算されていないという事です。
簡易的な構造検討の場合、柱の本数や太さや梁の大きさはどのようにして決めていると思いますか?
答えは勘です。
『大体この程度の建物・空間の場合、これぐらいだろう』といった決め方です。実際に簡易的な構造検討を行った建物を構造計算した場合、柱や梁の大きさがNGになる事もあります。
構造計算は建物全体の力の流れを計算致します。どの部分にどのような力が加わるのかを全て計算にて求める方法なのです。(計算書はA4用紙500枚を超える膨大な計算が記載されています。)
工藤住環境設計室が手掛ける建物は木造2階建ての住宅の場合でも、構造計算を行うようにしています。また、この構造計算は一般的には外注の構造設計事務所に依頼する事が多いのですが、工藤住環境設計室では私、工藤が構造計算を行っています。自社にて構造計算を行う事によって、設計初期段階の間取り変更時にも迅速に対応が出来ます。


【シロアリ被害は木造住宅にとって大敵!適切な対策を】
 
木造住宅にとって、シロアリ被害の対策は、とても重要です。せっかく良い材料を使い、強い構造体を計画・施工しても、シロアリによる被害を受ければ、耐震性能が大きく失われる可能性が御座います。
シロアリ対策は木造住宅の寿命を左右すると言っても過言では御座いません。
一言にシロアリ対策と言ってもシロアリの種類ごとに対策を講じなければ意味が御座いません。では、シロアリの種類ごとにその特徴を解説致します。
 
『イエシロアリ・ヤマトシロアリ』
これらのシロアリは従来から存在する一般的なシロアリです。主に床下や地面などの暗い部分から建物に侵入し、土台や1階の柱に被害を与えます。これらのシロアリは湿度を好む性質の為、床下の湿気を取り除き、木材を乾燥する事により食害防止の対策となります。
 
『アメリカカンザイシロアリ』
このシロアリは、名前の通り、乾材(カンザイ)乾いた材料でも食べる厄介なシロアリです。また、わずかな水分でも生息出来るので、建物の湿気対策を行っても食害を防ぐ事が困難です。従来のイエシロアリ・ヤマトシロアリは床下から侵入し、そこから被害を与えるのですが、このアメリカカンザイシロアリは、2階や屋根裏などの高い場所でも被害を与えるシロアリなのです。
 

建築基準法や住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)では、地面から1mまでのシロアリ対策を講じれば良いとされています。この対策はイエシロアリ・ヤマトシロアリ対策には効果があるのですが、建物の高い場所でも被害を与えるアメリカカンザイシロアリの対策としては効果が少ない事が分かります。

では、全てのシロアリ対策に適した防蟻(ぼうぎ)対策をとはどういった方法なのでしょうか?
工藤住環境設計室では、土台から屋根までの全ての構造材に防蟻対策を講じることを推奨しています。
 
シロアリ対策にとってもう一つ重要な事は、効果の持続性です。
一般的な合成殺虫剤系防蟻材の効果持続期間はおおよそ3年~5年です。効果を持続する為には再度防蟻材の散布を行う必要が御座います。
建物が建った後、構造材に再散布を行う事は、非常に難しい問題です。なぜなら、外壁や内壁により、柱や梁などの構造材は見えない状態になっているからです。
では、どの様な防蟻対策が一番適しているのか?
建物を新築する時に、土台から屋根までの全構造体を持続性の高い防蟻材にて処理する事が、最適な方法だと考えています。
工藤住環境設計室ではこれらの事を考慮し、ホウ酸による防蟻を推奨しています。ホウ酸による防蟻とは、ホウ酸を水に溶かした水溶液を木材に散布致します。
散布したホウ酸水溶液が木材に含浸(がんしん)します。一度含浸したホウ酸は雨などによって流されない限り、木材にとどまるので持続効果は高いと考えています。
このホウ酸による全構造体防蟻対策にかかる費用は、30坪程度の建物で約20万円程度掛かります。一般的な合成殺虫剤系防蟻と比べると高い金額です。
しかし。冒頭でもお話した通りシロアリによる被害は建物の耐震性能・寿命にも影響する事を考えると、家づくりにおいて費用対効果の高い劣化対策だと考えています。


以下、作成中