先週の水曜日と今週の火曜日に現場監理に行きました。

引き続き大工工事が進んでいます。

写真 2016-06-22 13 53 56 写真 2016-06-28 9 39 19

1,2階にそれぞれ断熱材を施工しました。

既存は無断熱だったので、これで温熱環境も改善されますね!

写真 2016-06-28 10 17 23 写真 2016-06-28 9 30 42

フローリングの施工が始まりました。

既存のフローリングに増し貼りをしていくのですが、既存の床がかなり傾いていました。

合板でパッキンをかまして、少しずつ削って水平にしていきます。

根気のいる作業です。

写真 2016-06-22 13 54 10

バルコニーに防水を施工しました。

既存がウレタン防水だったので、改修もウレタン防水で・・・。

ところが解体後の現場を見ると、既存の防水がボロボロ、立上りのモルタルも欠けていました。

とてもじゃないけど、カチオンでしごいたぐらいではどうにもなりません。

急遽大工さんに既存防水・下地を解体撤去してもらい、新築同様に新しく下地を作ってもらいました。

そこに防水工事のピコイさんに、勾配用のスタイロを設置してもらい、FRP防水を新設しました。

写真 2016-06-28 9 52 52 写真 2016-06-28 9 51 50

左官工事が始まりました。

防水紙を貼って、ラスを打ち付けます。

その後に、塗装下地となるモルタルを塗っていきます。

梅雨の時期とドンピシャで工程がかぶっています・・・。

雨の為、作業がなかなか進みません。

写真 2016-06-28 9 41 02

ユニットバスが施工されました。

サイズは1216サイズ(0.75坪)タイプです。

1216サイズとは、浴室の内法寸法が1.2m×1.6mということです。

オプションで浴槽から立ち上がる時用と浴槽に入る時に掴む用に、手摺を2ヶ所設けました。

写真 2016-06-28 9 39 33 写真 2016-06-28 9 46 26 (1)

サッシの障子が取り付きました。

1階は全て防犯ガラスです。

アルミと樹脂の複合サッシでもちろんペアガラスです。

一部分は既存の内窓を再取付けするので、アルミサッシの単板ガラスです。

右側の写真は和室なので、窓枠はヒノキの無垢材で大工さんが造作しました。

写真 2016-06-22 14 24 41

庇については雨漏りのリスクを高めるという観点から、既存の庇は全て撤去しました。

大屋根は瓦屋根で既存のままです。

建物が平面的・立面的に凹凸が多いので、板金の小さい屋根がいくつかありました。

板金の屋根は板金と下地を撤去して、下地からやり替えました。

板金の工事は井上板金工作所さんです。

板金の色は、落ち着いた色のブラウンにしました。

 

【株式会社 工藤住環境設計室 一級建築士事務所】
住所  兵庫県宝塚市雲雀丘2丁目12-35ハイツ花屋敷マンション203号
TEL     072-744-2921
FAX     072-744-2901
MAIL   info@k-jks.com
URL    http://www.k-jks.com