工藤住環境設計室の工藤です。

今回のタイトル、私のBLOGの読者の方であればもうおわかりですね。

そうです。

寒い季節、お風呂の残り湯を利用すれば有効的にその熱を暖房・加湿に利用する事が出来ます。

では、どれ程の熱量なのか、計算してみましょう。

私の自邸に採用しているユニットバスはTOTOのサザナのラウンド浴槽です。

この浴槽にて70%のお湯の量は約150リットルです。

残り湯の温度を40℃、室内温度は20℃と設定した場合、このお湯は40℃→20℃に冷めますよね。

浴室の扉を開けておけば、150リットルのお湯、20℃の熱量が室内に放たれる事になります。

1calは1ccの水を1℃温度を上昇する熱量です。

150リットルの湯量=150000cc×20℃分の熱=3000000cal=3000kcal

3000kcalの熱が室内に放たれます。

では、この3000kcalとは、どれ位の熱量なのでしょうか?

ここで、エアコンの能力はkwで表しますので、kcalをkwに換算します。

1Kw=860.4kcalより

3000kcal÷860.4kcal=3.48kwとなります。

の自邸では6畳用エアコンを設置しております。

6畳用エアコンの定格暖房能力は2.5kwです。

低負荷状態、インバーター制御を考慮すると、約半分の1.25kw運転を想定します。

先程の3.48kw÷1.25Kw=2.78

2.78時間=約3時間。

私の自邸では、エアコンを3時間運転してるのと同じ熱量となりました。

どうでしょう?

私はこの熱量(エネルギー)を利用するこは、とても省エネかと考えております。

【株式会社 工藤住環境設計室 一級建築士事務所】
住所  兵庫県宝塚市雲雀丘2丁目12-35ハイツ花屋敷マンション203号
TEL     072-744-2921
FAX     072-744-2901
MAIL   info@k-jks.com
URL    http://www.k-jks.com