基礎工事完了後より、大工工事に取り掛かりました。
まずは土台敷きです。

基礎の上に、基礎パッキン・気密パッキンを施工後、土台を敷いて行きます。

 

 

 

 

 

12月の建築吉日、上棟しました。

たった1日で棟が上がる、圧巻です!

 

大工工事が一段落ついてから、簡単な上棟式を行いました。

その後は、施主さまのご厚意で近くにある居酒屋さんで慰労会を開催していただきました(^_^)

 

 

 

 

 

翌日からも引き続いて大工工事です。

 
屋根の野地板が施工されたら、すぐルーフィング貼りを行いました。

 

 

 

 

 


窓台・窓まぐさが施工されました。

 

 

 

 

 

外壁の面材を張る前に柱・土台・梁等にブチルテープを貼ります。

ブチルテープを押しつぶすような感じで面材を張ります。

これでボード気密をしています。

材料費と手間は掛かりますが、圧倒的に気密が取りやすいです。

これは外部の壁出し水栓です。

面材との隙間をコーキングで埋めて気密処理をしています。

 

 

 

 

 

これは外部面材と面材の小さな隙間です。

この小さな隙間もしっかりコーキングで埋めて行きます。

この面材の隙間の気密処理、、、

実は工藤住環境設計室 工藤が施工しています。

 

 

 

 

 

外部に面する金物部分は熱橋になるため、ウレタンフォームで断熱補強をしました。

 

 

 

 

 

 

屋根はガルバリウム鋼板が施工されました。

色はギングロで落ち着いた色です。

 

 

 

 

 

防蟻工事を行いました。

ホウ酸系の薬剤を使用し、人体には無害です。

下から上まで全構造体に施工しました。

雨に塗れると取れてしまうので、しっかり雨養生をしています。

 

 

サッシが搬入されました。

YKK APのAPW330とLIXILのエルスターXを使用しています。

どちらも樹脂サッシです。

 

 

 

 

サッシが取り付きました。

この建物の眼下には素晴らしい眺望が広がっているので、サッシの位置や大きさ等にこだわりました。

 

 

 

 

ちなみにその素晴らしい眺望がこちら。(夜景もキレイです)

バルコニーからの眺めです。

2階にLDKを設けているので、団欒時はこの景色を見ることが出来ます(^_^)

スカイハウスの名前の由来でもあります。ちなみに玄関は2階からアクセスします。敷地の高低差をうまく利用しています。

 

 

外壁の透湿防水シートを施工して年越しです。

 

 

 

 

 

 

断熱施工前にタイミングを見計らって、電気工事・給排水衛生設備工事・ガス工事に順次入って行きます。

 

 

断熱工事です。

まずは床下にセルロースファイバーを吹き込んで行きます。

パンパンに充填されたセルロースファイバーが少し盛り上がっています。

2階ポーチ下は外部になるので、見上げ面にも忘れずに断熱材を吹き込みます。

屋根断熱の1層目のシートは、透湿防水シートを施工しました。

通常のセルロースファイバー吹込用のシートは不織布で通気性があるのですが、透湿防水シートは通気性が無いので気密が取れます。

端部は気密テープ留めで処理しています。

 

 

 

バルコニーの軒天にヒノキの羽目板が貼られました。

外壁は縦胴縁施工後、ケンジメが施工されました。

 

 

バルコニーの防水工事をしました。

きっちり丁寧に施工していきます。

 

外壁と屋根の断熱工事が終了しました。

窓と玄関ドアを締めていると、寒さを感じなくなりました。

リビングの大きな開口からは暖かい日射も入ってきます。

 

 

 

 

2階の玄関・ポーチ部分に防水が施工されました。

この部分には石を張るので、仕上げは無く硅砂撒きとしています。

 

 

 

 

 

施主さまにも度々現場へお越しいただき、進捗状況の報告・現場内の案内・打合せ等をしています。

 

 

 

 

 

ユニットバスが施工されました。

こちらはHS共同仕入で購入した、ノーリツのユパティオです。

フル断熱プランに浴室暖房も付いているので、冬場も安心して入浴できます。

 

 

 

 

ユニットバス施工前には気密処理をしました。

こちらの施工も工藤が行いました。

基礎の立ち上がりに貼った断熱材(スタイロフォーム)と土台・気密パッキンの隙間をウレタンフォームで気密・断熱処理。

人通口部分はスタイロフォームで塞ぎ、しっかりコーキングを施工しています。

 

 

外壁は防水紙を施工後、ラスを張っていきます。

その後はモルタルの下塗り開始です。

 

 

 

ここの現場の大工さんは親子の大工さんです。

棟梁が2階を施工している間、息子さんが1階を施工しています。

1階と2階が同時に進んでいます。

1階は石膏ボードの施工に入りました。

2階は勾配天井部分にヒノキの羽目板が施工されました。

 


【株式会社 工藤住環境設計室 一級建築士事務所】
住所  兵庫県宝塚市雲雀丘2丁目12-35ハイツ花屋敷マンション203号
TEL     072-744-2921
FAX     072-744-2901
MAIL   info@k-jks.com
URL    http://www.k-jks.com