階段下収納は住宅内部の空間を、最大限に有効活用する為によく用いられていますが、意外と使いにくい収納になってしまいがちです。

dsc_0042

何故なら高さが低く斜めの天井になり、階段の奥行き=収納の奥行きになり、深い収納になるためです。

一般的に幅が広く奥行きが浅い収納が使い易いといわれています。

奥行きの浅い収納はモノが一目瞭然であり、取りやすく収納しやすいのです。

階段下収納を使い易く、最大限収納量を増やす為には『収納の奥行きと同じ大きさのワゴンを使用』することが良い方法です。

こうすることによって、階段下収納の容量を有効利用出来ます。

『既成品で斜め天井に合う高さのワゴンが見つからない』

そういった場合は、簡単な材料で収納BOXを作りコマを付けることによって代用出来ます。

収納の内部なので、見た目は重視せず安価な材料で構わないと思います。

工藤住環境設計室では、限られたスペースを最大限に利用する設計手法を得意としています。

 

【株式会社 工藤住環境設計室 一級建築士事務所】
住所  兵庫県宝塚市雲雀丘2丁目12-35ハイツ花屋敷マンション203号
TEL     072-744-2921
FAX     072-744-2901
MAIL   info@k-jks.com
URL    http://www.k-jks.com