今日はインテリアの手法についてお話致します。

散らかっていても、なぜかキレイに見える部屋があります。

ただ本を積み重ねているだけなのに、オシャレに見える。
%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80%e5%86%99%e7%9c%9f
実は、それは計算した無造作なのです。重要なのはモノの吟味ではないでしょうか。モノを買う時に本当に必要かどうか、部屋に置くいた時どう見えるのかをイメージすることが大切です。

そうして選ばれたモノたちには、自ずと『統一感』が出ます。

その統一感が、インテリアをキレイに見せる方法なのです。

収納棚は使い易さを考慮し機能的でなくてはなりませんが、それだけでは味わいや面白みがありません。

暮らしにゆとりを生み出すには収納棚にもゆとりが必要です。

基本は収納棚に対してモノを8~9割にとどめること。棚いっぱいにモノを詰めると雑然とした印象を与えるものです。

できれば余ったスペースに絵や花などを飾るとよいでしょう。

 

【株式会社 工藤住環境設計室 一級建築士事務所】
住所  兵庫県宝塚市雲雀丘2丁目12-35ハイツ花屋敷マンション203号
TEL     072-744-2921
FAX     072-744-2901
MAIL   info@k-jks.com
URL    http://www.k-jks.com