工藤住環境設計室の工藤です。

今回は天井の高さについてお話させて頂きます。

天井の高さは設計の中でも重要なポイントです。

また、その高さの設定は非常に難しく、悩むポイントです。

 

皆さま、俳優の竹野内豊さんが出演するハウスメーカーのテレビCMをご存知でしょうか?

奥さま『天井が高い家にしてほんと良かったね』

竹野内『そうだな』

竹野内『(また一つ嘘をついた)』

CMでも旦那さまの少年時代の狭い場所が好きな写真が出てきます。

ダンボールハウスや押入れベッド(ドラえもんな感じ)。

 

このCMは天井が高くていいよねって言っている奥さまと、本当は狭い空間が落ち着くと考えている旦那さま。結局何を伝えたいのだろうか?

 

私は天井の高さは、高ければ良いとは思いません。

大事なのはバランス良く空間を構成し、そこにいる人が心地よく感じれる場所にする事です。

単純に高い天井にしてしまうと、間抜けな空間になってしまいます。

現在進行中の宝川の平屋は天井高さについて、検討を繰り返し、心地よく開放的且つ使いやすい天井高さの設定となっております。

 

6月下旬に完成見学会を行います。快適な天井高さについて、感じて頂ければと思います。

見学会のご案内等を発信するメルマガ登録はこちらです!

 

【株式会社 工藤住環境設計室 一級建築士事務所】

住所  兵庫県宝塚市雲雀丘2丁目12-35ハイツ花屋敷マンション203号

TEL 072-744-2921

FAX 072-744-2901

MAIL info@k-jks.com

URL http://www.k-jks.com