3月02日、宝塚市雲雀丘スカイハウスの現場では、給排同時レンジフードを設置致しました。

 

給排同時レンジフードとは?

 

ここで、換気の基本的なお話をさせて頂きます。

当たり前の事ですが、換気扇にて室内の空気を外部に排出すると、その排出された空気と同じ量の空気が外部から内部に給気されます。

気密性能の低い建物であれば隙間から空気が侵入してくるのですが、高気密住宅の場合、計画的に給気を考える必要が御座います。

宝塚市雲雀丘スカイハウスは高気密住宅ですので、通常のレンジフードだけでは適切に排気が出来なくなってしまいます。

給排同時レンジフードは、先ず通常のレンジフードと同様に、排気ダクトをレンジフードに接続し外部へ排気致します。そしてもう一つ、外部に開放されたダクトをレンジフードに接続致します。

これにより、レンジフードを運転した時には、給気側のシャッターが開きレンジフード側面などから給気され、排気ファン・ダクトからは適切に排気されます。

また、運転を停止すると、給気側のシャッターが閉じるので、漏気を防ぐ事が出来ます。

 

【株式会社 工藤住環境設計室 一級建築士事務所】
住所  兵庫県宝塚市雲雀丘2丁目12-35ハイツ花屋敷マンション203号
TEL 072-744-2921
FAX 072-744-2901
MAIL info@k-jks.com
URL http://www.k-jks.com