工藤住環境設計室の工藤です。

冬の寒い季節、窓ガラスやサッシに発生する結露。

カビが発生しアレルギーの原因にもなるので、出来るだけ結露を発生させたく無いですよね。

そこで注目されているのが樹脂サッシ。

樹脂サッシ・ペアガラスなので、結露しません。

聞こえてきそうな営業トークですね。

では、本当に結露しないのか検証してみましょう。

写真はYKKAPの樹脂サッシAPW330の資料です。

室内温度24℃

室外温度0℃

室内の相対湿度60%

この時の露点温度(結露する温度)は15.7℃です。

換気を適切に行わず、加湿や室内水蒸気の発生により室内の湿度が65%になると・・・。

露点温度は17.0℃となります。

ガラス中央の表面温度は21℃。→結露しない。

下框表面温度は20℃。→結露しない。

問題はガラスの縁の温度です。ガラスの縁の温度が17.0℃以上であれば結露しないのですが・・・。

YKKAPの資料にはその部分の表面温度を示したデータが無いのです。

私の自邸のAPW330(Low-Eアルゴンペア・樹脂スペーサー)は、上記の温湿度状態になると、下枠に触れる部分のガラスが結露します。

適切な室内温湿度をコントロールしないと、樹脂サッシであっても結露は発生するのです。

温度管理だけを行うのですは無く、過剰な加湿を避け湿度もコントロールする事が、結露防止には重要です。

 

【株式会社 工藤住環境設計室 一級建築士事務所】
住所  兵庫県宝塚市雲雀丘2丁目12-35ハイツ花屋敷マンション203号
TEL     072-744-2921
FAX     072-744-2901
MAIL   info@k-jks.com
URL    http://www.k-jks.com